駄馬ブログ

勉強したことをアウトプット学習としてブログを書いています。

第2文型 SVC(英語勉強④)

・補語は主語のサポーター
 
SV文型にCの (Complementの略) 補語がくっついた形ですね。
 
SVCの例)You are handsome. 
あなたはハンサムです。
 
このときCをとってしまうと別の意味になってしまいます。
 
You are. あなたがいる。
 
Cをとっちゃうとなんのこっちゃってなりますよね。
 
補語とは何かを補う語のことです!
 
つまりS(主語)についてのサポートをするのがC(補語)の仕事です!
 
 
 
 
・補語Cになれるのは名詞か形容詞
 
補語のCになれるのは名詞か形容詞だけです!
 
Kenji is great. 
ケンジは偉大だ。
 
greatは形容詞です。意味が通じますね!
 
He is Takeshi. 
彼はタケシです。
 
Takeshiは名詞です。これも意味が通じますね!
 
Cになれるのは名詞か形容詞だけです。
 
 
 
 
・SはCとイコールの関係!
 
SVC文型の特徴としてS=Cの関係があります!
 
第2文型か見抜くときにはS=Cになっているかどうかに注目しましょう!
 
He is stupid.彼は愚かだ。
 
stupid(愚か)なのはHeですからS=Cの関係になってますね!
 
I have a telvision.
私はテレビを持っている。
 
Iとtelvisionがイコールなわけないですよね。
なのでこの文はSVC文型ではないと考えられます。
 
 
 
 
・Vにくる動詞は不完全自動詞
 

 
第2文型 SVCのVにあたる動詞は不完全自動詞という分類の動詞になります。
 
自動詞とは目的語Oを必要しない動詞のことです。
 
不完全とは補語Cが必要ということです。
 
つまり不完全自動詞とは
補語が必要で目的語が必要ではない動詞のことです。
 
専門的な言葉が出てくると難しく感じますが
Oが不要で、Cが必要というだけのことです。
 
 
 
 
・まとめ
・第2文型の補語CはSを補っている。
・S=Cの関係
・Vにくるのは不完全自動詞