駄馬ブログ

勉強したことをアウトプット学習としてブログを書いています。

進行形(英語勉強⑱)

・現在進行形
 
タケシがいま現在友達と喋っている。という文を作りたい場合に
 
Takeshi talks to his friend.
 
と書きました。実はこの文は意図した意味と異なっています。
 
talkのような動詞の形が現在形になっているからです。
現在形は単なる習慣を表しているにすぎません。
 
今この時点でしていることを表すには現在進行形に変える必要があるんです。
 
現在進行形=be動詞+動詞のing形 
 
Takeshi is talking to his friend.
(タケシは今友達と話し中です。)
 
 
 
 
・語形変化
 
動詞のing形は様々な変化の仕方があります。主な変化の仕方を表にしてみました。

英語 ing 語形変化 表

動詞のing型 語形変化表
 
動詞のing形は進行形以外でも出てくるので覚えたらレベルがグンとアップしますのでこの際覚えておきましょう。
 
 
 
・過去進行形
 
過去のある時点で○○をしている最中だった」というのを表す際は
 
be動詞の過去形+動詞のing形です
 
Takeshi was talking to his friend.
タケシは友達と話し中だった。
 
 
 
・進行形の否定文
 
進行形の否定文はbe動詞の後ろにnotをつければいいだけです。
 
Takeshi isn't talking to his friend.
(タケシは友達と話し中ではなかった)
 
 
 
 
・進行形の疑問文
 
疑問文はbe動詞を文頭に持って来ればいいだけです。この時ing形はそのままの位置です。
 
Is Takeshi talking to his friend?
(タケシは友達と話し中ですか?)
 
 
 
 
・絶えず繰り返されている動作
 
実はその他にも進行形は絶えず繰り返されている動作の際も使えるんです。
 
You're always playing video game.
(君はいつもテレビゲームをしているね)
 
この表現はその行為がずっと続いていることを強調しています。
 
 
 
 
・進行形をとらない動詞
 
知覚・感覚を表す動詞、心理を表す動詞、継続的な状態を表す動詞進行形には出来ません。
 
 
知覚・感覚を表す動詞
 
例)see,feel,smellなど
 
心理を表す動詞
 
例)like,hope,wantなど
 
継続的な状態を表す動詞
 
例)be動詞,look,haveなど
 
※食べるという意味ではhaveは使えます。