駄馬ブログ

勉強したことをアウトプット学習としてブログを書いています。

助動詞とは(英語の勉強⑳)

・助動詞って何?
 
英語を勉強してるとよく耳にする助動詞。
この助動詞が何をしているかというとすごく単純です。
 
その名の通り、動詞を助けているです。
 
I drive a car.
(私は車を運転する)
 
↓canをプラス!
 
I can drive a car.
(私は車を運転することができる)
 
車を運転するという文にcanの可能の意味が追加されて運転することができるという意味になりました。
 
このように助動詞は動詞を助けているのです。
 
 
 
 
・助動詞は動詞の前
 
助動詞は基本的に動詞の前に置きます。
 
I can drive a car.
 
driveという動詞の前に助動詞canが来ていますね。
 
 
 
 
・助動詞のある時は常に原型
 
助動詞を使う時は常に動詞は原型(元の形)になるというルールがあります。
 
She swims fast.
(彼女は速く泳ぐ)
 
 助動詞canを追加
 
She can swim fast.
(彼女は速く泳ぐことができる)
 
「〜できる」という意味の助動詞canを加えました。するとswimsという動詞が原型のswimになりました。
 
このように助動詞を使う時は動詞は原型になります。
 
 
 
 
・助動詞の過去形
 
助動詞の形は現在形と過去形しかありません。
 
現在形)can
過去形)could
 
canにcanningとかcanedなんて形は存在しません。覚えるのが楽でいいですね。
 
それと忘れてはならないのが動詞は常に原型ということです。
 
ですので過去のことを表したい時に助動詞の過去形を使います。この時も当然動詞は原型です。
 
She could swim fast.
(彼女は速く泳ぐことができた。)
 
 
 
 
・助動詞を使った否定文
 
助動詞を使って否定文を作りたい時は助動詞の後ろにnotを置きます。
 
She can not swim fast.
(彼女は速く泳ぐことができない)
 
 
 
・助動詞を使った疑問文
 
助動詞を使って疑問文を作りたい時は助動詞を文の先頭に置きます。
 
Can she swim fast?
(彼女は速く泳ぐことができる?)
 
否定疑問文
Can't she swim fast?
(彼女は速く泳ぐことができないの?)
 
いかがでしたか?英語によく出てくる助動詞はこれぐらいしか覚えることはないのです。
 
別の記事で助動詞を一つ一つ説明していこうと思います。