駄馬ブログ

勉強したことをアウトプット学習としてブログを書いています。

前置詞(英語勉強㉘)

 ・前置詞とは
 
前置詞って英語でとにかくよく出てきますよね。
前置詞は名詞の前に置かれて形容詞句副詞句を作っているんです。
 
つまり名詞の前に置かれることで文に情報を付け足す句を作るということですね。
 
とは2語以上の単語の連なりのことです。(go to the moonなど)
 
 
[形容詞句]
形容詞句は形容詞の役割をします。
 
[副詞句]
副詞句は副詞の役割をします。
 
 
 
 
・前置詞の目的語
 
前置詞のすぐ後ろにある名詞前置詞の目的語と呼ばれています。
 
There's an apple on the table.
(そのテーブルの上にリンゴがある)
 
the table はonの影響を受けて「~の上に」にというイメージが出来上がってますね。
このように前置詞の後ろの名詞は前置詞の影響を受けるので前置詞の目的語と呼ばれているんです。
 
 
 
・前置詞in
 
前置詞は基本となるイメージを理解することで色々な意味を覚えることができます。
 
前置詞in[広がりのある空間の中]という基本イメージです。
 
There is a gift for you in the box.
(箱の中に君にあげたいプレゼントがあるよ)
 
in the boxで箱の空間の中にプレゼントがある感じがしますね。
 
I visited Japan in 2012.
(私は2012年に日本を訪れた。)
 
in 2012と時間の広がりの中にあるイメージがあります。
 
inは時間を表す際[年、月、季節、午後、午前]が後ろに来る場合が多いです。
 
 
 
 
・前置詞on
 
前置詞on[面に接触している]のが基本イメージです。
 
Look at the picture on the wall.
(壁に掛かっている絵を見てください)
 
pictureがwallに接触しているイメージです。
 
We got married on September 2.
(私たちは9月2日に結婚した)
 
9月2日という一日に接触しているイメージです。
 
onは時間を表す際[日、曜日、特定の日]が後ろにきます。
 
 
 
・前置詞at
 
前置詞atの基本イメージは[点]です。
 
I was waiting at the bus stop.
(私はバス停で待っていた。)
 
バス停を点として捉えています。
 
I go to bed at 11.
(私は11時に寝ます)
 
11時』と時間を点として捉えています。
 
atで時間を表す際は後ろに[時刻]がきます。
 
 
他にも前置詞は沢山ありますがキリがないので今回は代表的なin,on,atだけで勘弁してください(汗)