駄馬ブログ

勉強したことをアウトプット学習としてブログを書いています。

不定詞(英語勉強29)

 
不定詞とは
 
不定詞は(to+動詞の原型)
名詞容詞になることが出来ます。

不定詞の用法

不定詞の用法
toには「何かを指し示すようなイメージ」があります。なので、
 
(〜すること!)
(〜するための!)
(〜するために!)などの意味になります。
 
 
 
不定詞の名詞的用法
 
不定詞の名詞的用法は主語(S),目的語(O),補語(C)になることが出来ます。
 
 
 
主語(S)になる
 
To study chemistry is interesting.
(化学を勉強することは面白い)
 
(To study)が不定詞です。
(To study chemistry)が名詞句で主語になっていますね。
 
 
☆目的語(O)になる
 
She hopes to work for UNICEF.
(彼女はユニセフで働くことを望んでいる)
 
(to work)が不定詞です。
(to work for UNICEF)がhopesの目的語(O)になっています。
 
 
 
☆補語(C)になる
 
Our job is to clean the playground.
(私達の仕事は運動場を掃除することです。)
 
(to clean)が不定詞です。
(to clean the playground)が補語(C)になっています。
 
SVCはS=Cです。
Our job=to clean the playgroundになってますね。
 
 
 
不定詞の形容詞的用法
 
不定詞の形容詞的用法は形容詞の役割をする。それだけです。名詞を修飾する修飾語(M)になります。
 
※補語(C)の役割はないです。
 
ただし1つだけ注意があります。
不定詞は名詞を後ろから修飾する!
というルールがあるんです。
 
☆名詞を修飾する
 
I want something to drink.
(何か飲み物[飲むための何か]が欲しい。)
 
名詞somethingを不定詞to drinkが後ろから修飾しています。
 
 
 
不定詞の副詞的用法
 
副詞的用法は名詞以外を修飾目的結果原因根拠を表します。
 
I'm glad to see you.
(あなたに会えて嬉しいです。)
 
不定詞to seeが形容詞gladを修飾していますね。会えたから嬉しい。不定詞が感情が起こった原因を表しています。