駄馬ブログ

勉強したことをアウトプット学習としてブログを書いています。

社会保険の基本(FP3級勉強④)

 
公的な保険のことを社会保険といいます。
 
※会社に勤めてる人が加入する健康保険の意味で使われることもあるが本来の意味は公的な保険のことを社会保険と呼ぶ
 
 
☆公的な医療保険
 
公的な医療保険は健康保険、国民健康保険後期高齢者保険の3つの制度があります。
 
 
☆健康保険の基本
 
健康保険は全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)と組合管掌健康保険(組合健保)があります。
 
健康保険の保険料は企業と被保険者が半分ずつ負担します(労使折半)
 
健康保険は被保険者の被扶養者も加入できますが年収130万円未満という要件があります
 
※60歳以上や障害年金受給者は180万円未満
※同居の場合は被保険者の年収の2分の1未満
 
 
国民健康保険の基本
 
健康保険、後期高齢者保険医療制度の加入者以外の人は国民健康保険に加入します。
 
国民健康保険都道府県や市区町村が運用しています。
 
被扶養者という制度はないです。
 
世帯単位で管理されて世帯主が納付義務者になります。