駄馬ブログ

勉強したことをアウトプット学習としてブログを書いています。

生命保険(FP3級勉強15)

生命保険の保険料
 
生命保険の保険料の算定において3つの予定基礎率というのが使われます。
 
予定死亡率:
男女・年齢別の死亡率
 
予定利率:
保険会社が見込んでいる運用利回り
 
予定事業費率:
保険会社が事業を運営するのに必要な費用の保険料に対する割合
 
 
配当金
 
死差益、利差益、費差益などの利益が出た場合に配当金として還元される場合があります。
 
死差益:死亡率が予定死亡率より低かった場合の利益
 
利差益:運用利益が予定利率に基づく収益より多かった場合の利益
 
費差益:事業費が予定事業費率で見込まれた^事業費を下回った場合の利益
 
保険を配当金の有無で分かると3種類あります。
 
有配当保険:死差益、利差益、費差益から支払われる保険
 
準有配当保険:利差益から5年ごとに配当がでる保険
 
無配当保険:配当なし
 
 
保険料の構造
 
保険料は純保険料と付加保険料に分けられます。
 
付加保険料:保険の運営や維持費用にかかります。予定事業費率をもとに算定されます。
 
純保険料:保険金を支払う財源のこと。予定死亡率、予定利率をもとに算定されている。
 
*純保険料はさらに死亡保険料、生存保険料に分けられます。
 
死亡保険料:死亡保険金を払う財源
生命保険料:満期保険金を払う財源